FC2ブログ

情報リテラシー論 第12回

情報リテラシー論
12 /16 2018
【ラジオ離れと音声認識】2018/12/10

はじめに:QRコード決済( キャッスレス)スマホだけ持ち歩けばいい世界!
中国では9割普及 日本ではまだまだ
お釣りを出さない→店的にも負担減?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
《昔と今のラジオ事情》
好きな歌手が来たときに録音!終わったら一時停止
ラジオドラマ 音だけで成り立つように作られているよく考えたらすごいな

2011/3/11のAMニッポン放送62時間CMなし の放送を聞いた。
すごい冷静に情報を伝達している、しかし後ろで聞こえるガタガタという音と
慌てるような声が聞こえるのが紛れもなく現実なんだということを知らしめてくる。

「radiko」2010年開始http://radiko.jp
タイムフリー聴取機能→途中から聴き始めても最初に戻って聞くことができる
(絶体絶命都市4Plusとのコラボおめでとうありがとう!)

「FMアンテナ内臓イヤホン」
https://yokotashurin.com/etc/soundot-af1.html
SIMなしネット環境なしでもラジオが聞ける
Siriも使える
ネット環境が一時的に危うくなるかもしれない災害時などにも有効では?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
《音声翻訳はここまで進化していた!?》
・自動翻訳かつ文字での表示は当たり前に
・オフラインでもオンラインでも
 (https://iamili.com/ja/shop
・その場で確認も可能
→今後の課題はタイムラグをなくすことか?
 翻訳がこんなに簡単になったなら海外旅行も夢じゃない!?

「自動文字起こしツール」
https://textmining.userlocal.jp/#voiceinput

声を変換するアプリがあるとのことですが危険性もあります。
オレオレ詐欺を助長する可能性です。しかし疑問ですが、どうやって対象の声を手に入れるのかということです。その対象を知っている人でないと採取は不可能でしょう。またはハッキングでもして採取するのでしょうか。どちらにせよ声を変換するアプリは営業したい人向けな気がします。

音声AIアシスタント
アマゾン、グーグル、Microsoft、Apple、LINEという大手企業から発売されまくってる。
Alexa、GoogleHomeしか知らなかったがこんなにあるとは思わなかった。聞くところによるとかなり優秀で、買い物などもできるという。ただし間違ってしまうことも。声紋認証は必須でしょうね。

Googleで音声検索はできないのか?
動物の鳴き声は一部再生可能
(ちなみにラインナップはかなりマニアックな気がする)
時間があるときに他の音声が再生できないか探してみるのも面白そう。

ラジオといえば私は高校受験時の作業用として聞いていましたね。
その時はまだPCやスマホを持っていない上に好きな音楽のCDで勉強中に流して良さそうなのもなかったので重宝していました。集中できたり意外と面白い話が耳に入る時もあったりと今でもかなり楽しめるコンテンツではないかと思います。いざという時のためにこのまま残って欲しいコンテンツですね。

AIを利用した音声入力に関わるものが多いようですが、人間のオペレーター、ナレーター、アナウンサーなどの仕事がなくなりそうですよね…。それこそDETR●IT BEC●ME HUMANみたいな、仕事を奪われてアンドロイドに反感を抱く…なんていったことが起こりそうで怖くもあります。
個人的に入力すること自体はめんどいなあとは思わないので
翻訳機くらいは持っておきたいと思う今日この頃。

ではではまた来週もよろしくお願いします。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

りかりか

情報リテラシー論レポートブログへようこそ!